2015-02-26

車椅子の女の子

今日は雨だったので取材に出かけず、スタバに行って、外の席でコーヒーを飲んでいました。
コーヒーを飲み終わって、そろそろ席を立とうかなっていうくらいの時、通りに、車椅子に乗った可愛い女の子を見つけたんです。
「この子にモデルになってもらいたい」と反射的に思いました。その子の足の大きさから推測すると、おそらく長いこと車椅子暮らしなんだと思います。障害を持っているからこその美しさというものを感じたし、それを抜きにしても美しい顔立ちをしていました。

僕は、しばらくその子に魅入っていました。視線を感じたのか、その子はほんの少し僕の方を見て、そしてすぐに視線を逸らしました。そのときに僕が感じたのは「僕が美しさに魅入っていたのだということを、この子は気づいていないな」ということです。目を逸らした後で、その子が下を向いて自分の姿を確認するかのよう仕草をしたのは、自信のなさの表れだったと思います。

いますぐその子の元に駆け寄って「美人おみくじのモデルになってください」と頼まないといけない、僕はそう感じました。モデルを依頼するということは、「あなたは美しい」と伝えることでもあります。そのとき、僕とその子との距離は、わずか5歩か6歩でした。席を立って話しかけることが可能な距離です。

でも、僕はそうしなかった。その子が僕の前を通過するのを待って、その後、スタバの店内に入ってマグカップとトレーを片付けに行きました。外に出たらその子を追いかけるつもりでしたが、通りを見渡しても、その子の姿は見つかりませんでした。

あの車椅子の女の子とは、おそらくもう会う機会がないでしょう。僕に、勇気と決断力がなかったための失敗です。
声をかけるチャンスは3秒しかありませんでした。その3秒間に躊躇したらチャンスを永久に失うのだということを、僕は肝に銘じておかなければなりません。

新手のナンパみたいになってしまいました

昨日も取材のために出かけました。しかし、やはり写真公開の許可を得ることができませんでした。
その代わり、モデルになってくださいと頼んだ方と喫茶店に行って、おしゃべりをしました。とても楽しかったです。けど、アプリの進捗としてはゼロです。なんだか新手のナンパみたいになってしまいました。

こんな調子では、永遠にアプリは完成しそうにありません。まずは一人でもモデルになってくれる方を探さないと。

2015-02-25

はじめて写真を撮らせていただきました!

昨日は、街頭での取材で初めて写真を撮らせていただきました。写真を公開する許可はもらえなかったので、取材の練習に過ぎないのですが、それでも協力していただいた方にとても感謝しています!ありがとうございました!

まだ取材に慣れていないので、声をかけるだけでも精一杯です。そして会話が難しい。インタビューの記事で使えるような事を聞こうとすると、どうもぎこちなくなってしまうのです。記事のことは忘れて、もっと自由に自然な会話を楽しむことを目指した方がいいのかもしれないと思いました。
それから、僕は写真が下手くそです。僕が感じているモデルさんの魅力を、写真で十分に表現できないが残念です。

取材に協力していただいたおがけで、昨日は課題がたくさん見つかりました。前途多難であることを感じつつも、少しだけ成長できた気のする昨日でした。

2015-02-21

名刺を作成

取材の準備として名刺を発注しました。名刺を持つのは、脱サラ後、初めてのことになります。これまで人と触れ合うことなく孤独に作業することが多かったので、名刺を持っていませんでした。

白黒の片面印刷ですが、100枚つくって、送料込みで料金は300円ちょっと。こんなに安いのかと驚きました。

ゆっくりと準備が整っていきます。
この企画は大丈夫なんだろうか?方向性は合っているんだろうか?と、不安になることもないわけではないですが、とりあえず挑戦してみます。机の前に座って考えるのではなく、街に出て動きながら考えよう、ということで。

2015-02-20

ウェブサイトを開設しました

美人おみくじ企画の趣旨を説明するために、このウェブサイトを開設しました。
詳しくは、企画概要タブ、自己紹介タブ、モデルの方へタブなどをご覧ください。