2015-03-02

AKB48と美人おみくじ

僕はTwitter上で、有名な批評家や学者に対してコメントを送ることがよくあります。おべっかは嫌いなので、たいていの場合は批判的なコメントです。口汚く罵ったりするわけではなく、反対意見をやや上から目線で述べるだけです。しかし、それでもコメントを受け取った批評家や学者さんは、かなりの確率で僕のアカウントをブロックします。

昨日は、宇野常寛さんという批評家に対してコメントしました。テレビにもよく出演している方なので、知っている人も多いかもしれません。アカウントをブロックされることを覚悟の上でのコメントだったのですが、この方は僕に返信をくれました。そして、数回やりとりを続けるうちに、僕のアカウントをブロックするのではなく、フォローしてくれたのです。

フォローされた瞬間、美人おみくじ企画が、宇野さんのAKB48論の影響を受けていることを思い出しました。

企画を立てるときに僕の脳裏にあったのは、AKBのファンがメンバーの誰かを「推す」ということの意味です。
AKBの人気を支えているのは、気に入ったメンバーを推すファンの存在に他ならないですが、こうしたファンたちは、誰かを応援することによって逆に自分が元気をもらうという関係にあります。

このような、人を応援することで自分も頑張れるという関係性は、とても良いものだと思います。大袈裟な話、人間社会の根本を支えるとても大切な原理であるような気さえします。
成功するか失敗するかはまだわかりませんが、美人おみくじ企画が実現したいのも、こうした関係性なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿